手提げバック・メンテナンスです。

皆様、

こんにちは☆

でございます三c⌒っ.ω.)っ シューッ

 

 

 

 

本日の投稿に参りましょう!!

本日の投稿は、お客様からご依頼の

『 手提げバック・メンテナンス 』

 

 
まずは、

写真をご覧くださいm(_ _ )m
IMG_2231

IMG_2234

 

写真で、

すべてをお伝えできないのが、

とても残念なところです。

こちらのバックの

元のイメージをしますと、

革の表面に

エナメル加工を施してあり、

バック全体が、

光沢を出していたかと思います。

ところが、

約10年くらいご使用する内に、

少しずつ

表面がはがれて行き、

光沢がなくなり、

ところどころに、

キズ・光のムラがではじめ、

お使いしにくく、

押入れの中に、

眠ってしまったのだと

推測をしますm(_ _ )m

 

 
ご依頼者様からのご依頼は、

そんなに光沢を出さなくていいので、

バック全体が、

同じような光沢が欲しい!!

そしたら、また使えるから。。。

という内容でしたので、

程よい光加減を目指して、

メンテナンスをさせていただきますm(_ _ )m

 
では、

固く絞ったタオルを用意し、

表面に付着しております汚れを落とし、

ブラッシングをして行きます。

 

そのあと、

革専用のクリーナーで、

再度汚れを落とし、

クリームと塗布(革への栄養補給)をします。

ここまでの写真が

こちらになります。

 

IMG_2230

 

 

う~ん。

革が生き返って来ております。

この瞬間がたまらないんです( ´艸`)

 
そして、

クリームが乾きましたら、

このあとに、

ワックスを塗布します。

薄い膜を作って、

程よい光沢を出すのと、

薄い膜を作りますので、

若干は、

キズなどが入りにくくなります。

ほんと若干ですが、、、(。-人-。)

 

 

 

 

IMG_2232

 
こんな感じで準備をし、

二の腕がツリそうになるくらい、

ゴシゴシと擦ります。

最後に、

ブラッシングで、

全体を馴染ませて、

終わりになります。

 

IMG_2233

 

 

バック全体が、

同じような光加減になり、

ご依頼者様にも、

喜んでいただけました。

 

 

Sさん。

ご来店・ご依頼ありがとうございます。

その後、

バックは、いかがでしょうか??

また何かございましたら、

いつでもご連絡をお願いいたします。

ありがとうございました。

 

 

 

それでは、また。。。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中