ショートウォレットです。

皆様、

こんばんは☆

でございます三c⌒っ.ω.)っ シューッ

 

 

 

 

本日の投稿に参りましょう!!

本日の投稿は、お客様からご依頼の

『 ショートウォレット 』

でございます。。。

まずは、作業途中の一コマから!!

 

IMG_1695

 

 

コバ磨きをする前のところです。

コバとは・・・

革端(切り口)のことを言います。

重なった革端が木目の様に見えることから、

『 木端 → コバ 』

と呼ばれるようになったと言われております。

 

 
コバ磨きをする際には、

普通は専用の器具を使うのですが、

私、アホな翔君は、

指で行います!!

よくお客様に

『 熱くないんですか?? 』

『 そんなんやったら、ヤケドしますよぉ! 』

『 指紋がなくなっちゃいますよぉ!! 』

などなど言われますσ(^_^;)

やり始めの頃は、

軽いヤケドをしておりましたが、

何年も繰り返し作業をしておりますと、

指の皮が分厚くなって、

熱さを感じなくなって来ちゃいました(^▽^;)

なんて言うんですかねぇ~、

機械的に作った感じが、

どうしても納得行かなくて、

『 ハンドメイドの温もり・温かさ!! 』

っというのを表現したかったんです。

それだけを考えていたら、

『 指 』

という答えを発見してしまった訳ですヽ(*’0’*)ツ

そこからは、止まることをしませんでした。

どうやったら指で表現できるかを

模索しておりましたら、

今のやり方に辿り着いてしまったんです。

それが、こちらになります。

 

IMG_1696

 

 

なんと言いますか、

あまりコバを輝かせないように!!

それでいて、

味のある雰囲気を崩さないように!!

そして、

機械的に綺麗に見えないように!!

さらには、

ご依頼のお客様には、

指で磨いた!

っという事を感じさせないように!!

長くなってしまいましたが、

以上が、作業途中の一コマでしたm(_ _ )m

 

 

 

 

それでは、本題に戻りまして、

出来上がりの写真をご覧くださいませm(_ _ )m

 

IMG_1703

 

 

ショートウォレットの

顔写真からになります。

先ほどのコバの写真から、

お財布の厚みがあるなぁ~

と感じております。

やはり歴代一番の厚さを誇ります。

『 9mm 』

でございます。

折り畳んで状態で、

『 18mm 』

ですから、

お使い始めは、

かなり苦戦するかと思います。

厚さのご指示がなければ、

この半分くらいの厚さで

お作りをさせていただいておりました。

では、開いてみましょう!!

 

IMG_1698

 

 
コイン入れはございません。

左右ともに、

カード入れでございます。

左側、横向きで 3枚

右側、横向きで 3枚

計6枚のカード入れでございます。
そして、
IMG_1700

 

 
左側のカード入れの後ろ側の

収納ポケットの所には、

フリーで開けるように

工夫をしており、

カードの出し入れがし易いようになっております。

右側の所では、

 

IMG_1701

 

 
フリーにはせず、

大切なカード類を入れていただくようにしております。

 

 
お札入れです。

 
IMG_1702

 

 
最後に、詳細の方に参りたいと思います。
ショートウォレット

サイズ  縦10cm×横11.5cm×厚み2cm
(開いた時の横20cm)

カード入れ 6ヶ

収納ポケット 2ヶ

お札入れ 1ヶ

ステッチ アイボリー
以上になります。

 

 
最後まで、ご愛読いただきまして

ありがとうございますm(_ _ )m

 

 

 
Iさん。

お待たせをしております。

ご依頼のお財布が出来上がりましたので、

大変申し訳ありませんが、

ご都合の付く際に、ご来店の程、

よろしくお願い致します。

 

 
それでは、また。。。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中